歩くとお尻の外側が痛い

query_builder 2022/11/25
距骨調整全身腰痛
2022-11-24 (1)

こんにちは。


名古屋市名東区

エール接骨院の江里口です。



いつも投稿をお読みいただき
ありがとうございます😊


歩くと片方のおしりの
外側が痛い


長時間歩くと片側のおしり、
またはお尻から太ももの外側まで
痛みが出る人いませんか?

一度チェックしてください。

1.痛い方の足を軸に
「休め」
の姿勢をしてください。

この時、足を見てください。

軸となっている足が体の中心に
きてないですか?

ちなみに痛くない方を軸に
「休め」の姿勢をとっても
足は体の中心に来ないです。

この場合、
内転筋(内ももを閉じる筋肉)
が弱くなってきていて
おしりの筋肉が負担が
かかりすぎています。

内転筋を鍛えましょう!


2.歩いてみましょう。

その時左右の歩幅を
確認してみましょう。

痛い方の足が痛くない方と比べて
歩幅が小さくないですか?

これは歩き方のクセで
痛みが出やすい方は後ろ側に
蹴りやすい傾向があるからです。

ちなみにこのクセがある人は
体を左右にひねると、

痛い側にひねりにくい、

もしくはひねると痛みが出たりします。

これは骨盤の動きが痛い側に
動きやすくなっているからです。

なので普段から痛い側の足を
できるだけ歩幅を大きく歩く
意識をして歩いてみてください。

病院やマッサージをいくら受けても
こういった日常生活が変わらなければ
症状は改善しませんよ☝️😊



腰痛のことなら

名古屋市名東区のエール接骨院へお越しください。

----------------------------------------------------------------------

エール接骨院

住所:愛知県名古屋市名東区藤見が丘59 政美マンション102

電話番号:052-726-6529

----------------------------------------------------------------------