静脈瘤の見た目で分かる4つのタイプ

query_builder 2022/11/23
距骨調整全身
2022-11-22 (2)

こんにちは。


名古屋市名東区

エール接骨院の江里口です。



いつも投稿をお読みいただき
ありがとうございます😊


静脈瘤の見た目でわかる4つのタイプ

下肢静脈瘤は太さによって

くもの巣状 1mm以下
網目状  1~2mm
側枝型(そくしがた)3~4mm
伏在型(ふくざいがた)4mm以上

の4種類に分類されます。

◎クモの巣状・ 網目状
クモの巣状静脈瘤は
皮膚内の毛細血管が
拡張した静脈瘤です。

血管がクモの巣のように
広がって見えます。

網目状静脈瘤は皮膚のすぐ下の
小さな静脈に起こる静脈瘤です。

膝の後ろ周囲に多く、
静脈が網目状に拡張します。

双方とも自覚症状がないことが多く、

まれに局所の違和感や
熱感を伴うことがあります。


◎分枝型
伏在静脈から枝分かれした
静脈に発症しますが、

伏在静脈に逆流することは
ありません。


◎伏在型
大伏在静脈や小伏在静脈の
逆流防止弁が機能しなくなり
発症する静脈瘤で、

足の大きな瘤に大量の
血液が溜まるため、

足がだるくなったり
むくんだりします。


うっ滞性皮膚炎や潰瘍が
起こることもあります😱


一般的に症状があって手術が必要になるのは

伏在型静脈瘤だけで、

他の3種類は軽症で
あまり心配のない静脈瘤です😊


脚のトラブルのことなら

名古屋市名東区のエール接骨院へお越しください。

----------------------------------------------------------------------

エール接骨院

住所:愛知県名古屋市名東区藤見が丘59 政美マンション102

電話番号:052-726-6529

----------------------------------------------------------------------