靴の長期保管にやるべき3つのこと

query_builder 2022/08/31
距骨調整
2022-08-28

こんにちは。


名古屋市名東区

エール接骨院の江里口です。

いつも投稿をお読みいただき
ありがとうございます😊

くつの手入れについて知りたい方

いらっしゃいませんか?

春になると今まではいていた
冬物の👞やブーツ👢は秋まで
下駄箱に入れっぱなし、

という方。

いざ履こうとしたときにカビがはえてる😱

なんて経験ありませんか?

そんなことにならないように、

革靴やサンダル、ブーツの保管に
ついてご紹介したいと思います。

靴を保管する前にしておくことは?

それは

1.靴の汚れを落として
お手入れをすることです✨

というのも、汚れやほこりは
カビの栄養となってしまうからです。

ちゃんとクリーニングしておきましょう。

よごれの簡単な取り方ですが
布製の靴やサンダルの場合は
ブラシで埃を払い取って、

硬く絞った布で汚れを
拭き取ってください。

水につけて洗える場合は
洗っちゃいましょう。

お手入れの際は靴底の泥を落とすことも
忘れずにやりましょう☝️😊

2.それから、靴やブーツの中は
できれば消臭と除菌をしておきましょう。

足裏も片足から1日にコップ1杯分の
汗が出ていると言われています😳

汗が残っていると雑菌が繁殖し
臭いが出てしまいます😖

最近は靴用の除菌製品も
あるので利用するといいですね。

3.さて、お手入れが終わったら、
陰干しで乾燥させましょう。

天気のいい日に一日以上かけて
しっかり乾燥させてください。

汚れていたり湿ったまま
靴を保管すると、

カビの発生や革が変色することもあるので、
この手間は省かないようにしましょう。

ちなみに、

一度でも革にカビが生えると
表面のカビは落とせても、

カビの根まで落とし切ることは
できないので

完全に除去するのは難しいです。

なので、面倒でも靴のお手入れは
してくださいね。

大切なくつ
長く使えるようにしたいですね😊

----------------------------------------------------------------------

エール接骨院

住所:愛知県名古屋市名東区藤見が丘59 政美マンション102

電話番号:052-726-6529

----------------------------------------------------------------------