痛みの原因は?

query_builder 2020/08/12
距骨調整
2020-08-12-2

痛みの原因は?

私は施術の時には必ず主訴(痛みがあるところ)を後回しにしています。

(もちろん主訴を触らないというわけではないです。)

なぜだと思いますか?

 

それは、痛い所には原因がほとんどないと考えているからです。

(0ではないと思っていますが)

どういうことかというと下の絵を使って説明していきます。

 

 

右の絵は

1)家の屋根に穴が空いています。

2)雨が降っていて雨漏りがしています。

3)雨漏りを受けるために器がおいてあります。

これが痛みとどのように関係しているかわかりますか?

家      = あなたの体

屋根の穴   = 痛みの出る原因

降っている雨 = 動作、運動

雨漏りのしずく= 痛み

器      = シップ、電気、マッサージ

に置き換えてみてください。

 

そうするとどのような状況になるかというと・・・

あなたは曲げたり伸ばしたりすると腰が痛い。
(雨が降ると雨漏りがする)

だからシップや病院や接骨院にいってマッサージや電気を受ける。
(雨漏りがするので器で受ける)

その時は楽になった感じがするが、やっぱり曲げたり伸ばしたりすると痛くなる。
(器に水を捨てても、雨が降っていればまた水が溜まる)

腰を曲げたり伸ばしたりしなければ痛くない。
(雨が降らなければ雨漏りの心配はない)

 

こんな状況なのです。

雨漏りは結果であって原因ではありません。

原因は屋根の「穴」なのです。

原因の穴さえふさいでしまえば雨漏りは防げるのです。

 

体でも同じです。

まずは原因を施術します(一か所ということはまずないですが)

それから痛みのあった場所を施術する。

という感じになります。

 

なので、痛い所を触ってくれないと思われる方は

こういう理由があることを覚えておいてください。

 

 

 

 

 

----------------------------------------------------------------------

エール接骨院

住所:愛知県名古屋市名東区藤見が丘59 政美マンション102

電話番号:052-726-6529

----------------------------------------------------------------------